若い女性にも起こる更年期障害|早めの治療で症状を解消

医者

注目のがん治療法

婦人

加齢とともにがんの発症リスクが高くなるのは、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞の能力が低下するためです。NK療法は、そのナチュラルキラー細胞を活性化させる治療法です。患者本人のナチュラルキラー細胞を使用しますので、体に負担がかからないという特徴があります。

詳細

医療機関を選ぶ場合に

二人の女の人

ドクターショッピングと呼ばれる医療機関に嫌われる行為をしないためにも、診察を受ける病院は口コミサイトを参考にして慎重に選びましょう。口コミにはメリットとデメリットがきちんと記載されているため、自身が望む病院を選ぶことが容易になっています。

詳細

利用しやすい地元医療機関

笑顔の婦人

治療内容と検査内容で都筑区内の内科クリニックを選ぶことで、最適な治療が受けられるでしょう。カテーテル検査も行う医療機関であれば、心臓疾患の治療にも最適です。専門性の高い治療を受けるときには、紹介状をもらって大学病院を訪れるべきです。

詳細

閉経と体調不良の関係とは

多くの高齢者が悩んでいる更年期障害は、毎日規則正しい生活習慣を続けることで解消されます。有効的な対策法を取りましょう。

悩む女性

日本の女性の閉経年齢は平均すると50歳頃と言われています。そして、50歳を挟んだ45〜55歳の10年間を更年期と呼びます。更年期には、卵巣から分泌している女性ホルモン量が急激に減少するため、ホルモンバランスが崩れてしまいます。このホルモンバランスの乱れは、自律神経を刺激するために体に様々な不調が起きてしまうと考えられています。このような更年期にあらわれる体の様々な症状のことを更年期障害といいます。更年期障害の代表的な症状として、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせ、大量の汗、めまい、肩こり、頭痛などの身体的な症状があります。また、イライラやうつなどの精神的な症状が出る場合もあります。身体的、精神的なものは、1種類の症状だけで終わることもありますが、2種類以上の症状が重なって出てしまうこともあります。また、更年期にほとんど症状を感じないまま過ぎてしまう女性もいますが、日常生活に支障が出るほど重い症状の女性もいます。このような場合は、病院での治療を受けることで症状は解消されます。

更年期障害には、身体的、精神的な症状の他に骨粗しょう症や高血圧なども併発することがあります。骨粗しょう症は骨がスカスカになり折れやすくなってしまう症状ですが、ホルモンバランスの乱れは骨をつくる働きを鈍くしてしまうからです。この症状は、カルシウムなどを積極的に摂るとともに更年期障害の治療を受けることで解消されていきます。様々な症状が出てしまう更年期障害は、個人で解消することは難しいと考えられます。特にうつなどの精神的な症状は精神科などの医師に相談して治療を受ける必要があります。近年では、30代女性が若年性更年期障害を発症するケースが増加しています。更年期には早いのですが、更年期障害に似たような症状がある場合は、迷わずに婦人科や内科の医師に相談してみることをお勧めします。